1年くらい前からトイレの水道の勢いがすごかった。トイレの水道って便器の中じゃなくて手を洗うところ。タンクの上に手を洗う水が出てきますよね。そこの勢いがすごかった。



スゴイと言ってもちょっと水はねするくらいだったので、そのままにしておいた。だって修理ってなったらメンテナンス料金が高そうだし・・・

そんなこんなで1年ほどほっといたら、トイレの壁にカビが目立つようになってきた。あ〜これはまずいわ・・・

今年は雨が多い年だったので、カビが目立つのはそのせいかな、なんて思っていたけど、きっと水の勢いも影響してるよね、仕方ない、プロのお世話になろうか・・・

いや、ちょっとその前にネットで調べてみよう!

検索検索・・・・ 
すぐ見つかった(これ) 
タンクに水を供給するパイプが、タンクの脇にあるはずです。そのパイプをたどると、ネジのマイナスが切ってある溝があるはずですから、その溝にマイナスドライバーを差し込み反時計回りに回せば水量は弱くなります(終わりまで回すと止まる、反対に時計回りに回すと強く出ます)。

注意)タンクの下にある太いパイプ(直径6cm程)は排水パイプですから違います。水を供給するパイプはそれより細いです(直径約3cm)。
やってみたら、この通り治った。
こんなにネットに情報が溢れてるのに、なんで1年も調べようとしなかったんだろう・・・

とりあえず治って良かった。あとは壁のカビを掃除。


それでも治らない場合はやはりプロの手に・・・
水回りのトラブルにお悩みの方は、水道救急センターにおまかせ!
 
 
スポンサードリンク