キャッシュレス生活で節約

節約やポイント集めが大好きです。値引き割引、格安激安、そんな言葉につい飛びつちゃってるけどホントに得してるの?と自分の行動を考察しながら綴っています。

今年の夫の誕生日は、本人が焼き肉がいいというので、家でホットプレートで焼き肉です。
外食は高くつくので、家族で焼き肉はもっぱら自宅。

うちにあるホットプレートはコレ
山善(YAMAZEN) ホットプレート (フッ素加工プレート) HG-T1301(T)
山善(YAMAZEN) ホットプレート (フッ素加工プレート) HG-T1301(T)

結婚祝いに弟からもらったやつ。
もう20年前です。長持ち(*^^*)

我が家は19歳と15歳の息子二人、さぞかし食べるんでしょ?と思いきや、今どき男子はあんまり脂っこいものは苦手です。再婚の若者は脂ののった和牛より、赤身肉の方が好きというのはよく聞く話。

それでもちょっと値段だして、おいしいお肉を食べたい(夫と私が)と思い、思い切って黒毛和牛カルビを購入。子どもたちも、これならおいしいって思うかなと。

スーパーで200グラム(約2000円)、20切れくらい入ってたかな、我が家にすれば大奮発!
霜降り具合はこんな感じのやつ。



そしてプラスいつものグラム100円の豚バラ。安心していただける我が家の定番。

肉はこれだけ〜


野菜はナスとエリンギともやしの3種。サンチェも高かったけど(この時250円だった)用意しました。

ナス、エリンギ、もやしの3種は割と火が速く通るし、肉の油を吸ってくれるので油をふき取る必要もないし、そして肉の油を吸っているので食べてもおいしい!ということで、超オススメ♪

焼肉の野菜と言えばピーマン、ニンジン、玉ねぎとか焼きたくなるけど、この3種、定番だけど焼肉でおいしい?私はぜんぜん美味しいと思わない!

この3種、焼けるまでに時間かかるし、焼き肉やってたら大抵焦げちゃって捨てちゃったりする。油もあんまり吸わないし(−−;
なので、我が家でこの3種は焼肉では外しました。だってもったいないもんね〜


さて、焼肉、高い肉を先に食べちゃって、後に食べるいつもの安い豚肉がまずく感じるのでは?と懸念しましたが、我が家の場合、全然大丈夫でした。

高い肉は少ないかな?と思いましたが、高い肉は脂がのっているので、3〜4切れ食べれれば十分。以降のいつもの肉は「安心できる味だね」という感じでおいしくいただきました。

黒毛和牛カルビ2000円、いつもの豚バラ300円、野菜400円、焼き肉のたれ200円

家族4人で3000円ちょと、外食だと一人分です。
ホットプレート購入しても外食より安い!!
やっぱり焼肉は自宅に限ります♪


スポンサードリンク

去年、プラスチックの卵のパックを簡単に小さく捨てると言う記事を書きました。
卵のパックが簡単に小さくなることに感動しました!

しかし、最近はもっといい方法が見つかりました!



踏みつぶす!

です。 
ペットボトルを踏みつぶして捨てますよね、やり方はそれと一緒。

卵のパックはペットボトルより柔らかいので、もっと簡単に踏みつぶせます。

なんでこんなこと気が付かなかったんだろー(^^;

 
スポンサードリンク

運動不足解消にホットヨガに通っています。
体が硬くて、体が柔らかいのに憧れていて、結構若いころから、子ども産む前からヨガに興味はありました。

興味はあったけど、仕事や子育てで日程が合わない。
しかも、ヨガ自体、そんなに流行ってなかったので、近くにスタジオはあんまりなかったんですよね。

それが、昨今のヨガブーム、子どももだいぶ大きくなったので、早速ヨガスクールに通い始めたのが4年前。
そう、私ったら、もう4年も通っている。

4年も通っているのに、当初の目的の「体が柔らかくなる」というのは全く叶っておりません。未だに体は固いまま、前屈しても床に手が届きません。


ここ最近、月2くらいしか行ってないですしね。

やっぱり週3くらい通う生活をしないと、体は柔らかくならないかな・・・
週3くらいでヨガに通える生活をしたいもんだ。

私の通っているヨガは、結構きつい方だと思う。
汗もすっごくかくし、毎度筋肉痛にもなる。

この筋肉痛がとっても運動している〜という気にさせてくれます。
次の日は背中や腕周りが筋肉痛で痛いです。

人は年を取ると背中の筋肉が弱ってきて、だんだん猫背になってしまいます。
しかし、背中の筋肉は普通の生活ではなかなか鍛えられないので、ヨガを行うことで、自然に筋肉を鍛えられます。

しかも、ヨガをやっているときはそんなに背中の筋肉を使っている気がしません。
次の日筋肉痛のなるので、背中が鍛えられてるんだな、と分かるくらい。

わたしも、せめて週1、2は通うようにガンバロー!



スポンサードリンク

このページのトップヘ